IPOによる証券会社の比較

###Site Name###

株投資の中で新規株式公開(IPO)投資を中心に行っている投資家がいます。

IPO投資とは投資家が上場予定の企業の株を上場する前に購入することをいいます。



購入する価格のことを公募価格といい、公募価格より上場日の初値の方が高くなりやすいことから、IPOを購入して、上場日に売ることで、短期的に利益を得る確率が高いので人気があります。



そのため、IPOの株数より多くの申し込みがあるため、抽選となり、必ずしも購入できるとは限りませんが、仮に落選しても手数料はかからないので、当選の確率が低くても申し込んだ方が良いといえます。

企業が上場するために必要な社内の管理体制、財務状況、上場申請書類作成などをアドバイスするのが証券会社です。
一社ではなく数社で行いますが、メインで行うのが主幹事、その次が副幹事、その他が幹事となり、それぞれIPOが配分され、主幹事が配分の割合が大きく占めます。主幹事に積極的な証券会社はIPOの売り出しが頻繁に行われ当選確率が高く、逆に幹事に消極的な証券会社はIPOの売り出しがほとんどありません。

IPO投資を重点的に比較すると、主幹事に積極的な証券会社が適しているといえますが、個人投資家にとっては抽選方法も比較する必要があります。

小口の申し込みしかできない個人投資家にとっては大口の申し込みができる資産家の方が抽選で有利になります。



最近はネット証券を中心に、一人一票制や落選すれば、今度のIPO申し込みで当選確率が有利になるサービスがあり、個人投資家にとっては、IPOの実績と抽選方法の両方を比較するのが証券会社の良い選び方だといえます。